Yuki Yamane

Blender 3.0 で空、太陽、月、星、雲、空気遠近(霧)を作る

Posted: / Modified:
Category: 使い方

目次

結論

太陽

星空

空気遠近(霧)

その他の手法(外部リンク)

参考・注意点

このページで紹介している方法はあくまで一例である。他にも同様の結果になる設定はあるだろう。

結論

リアル系の空をとにかく早く作りたい場合は、アドオンを使う方が良い。

空を作るアドオンは複数あるが、私がおすすめするのは Real Sky だ。太陽、空、雲を作れる。ただし星と月は作れない。

Real Sky - Blender Market

HDRI (High Dynamic Range Image) (Eevee, Cycles両対応)

現実から光を参照しているので一番リアルだろう。ただし日が沈むなどアニメーションがほとんどできない。

HDRI の用意

blenderがあるフォルダ > blender3.0 > 3.0 > datafiles > studiolights > world にBlenderがデフォルトで用意しているHDRIがある。

それ以外で私は Poly Haven を利用している。CC0ライセンスのため、管理が楽だからだ。

ノード

Shader Editor に移動し、以下のノード構成を作る。



HDRI を読み込む

Sky Texture (一部Cyclesのみ)

アドオンや HDRI を使わないのならこれが一番リアルだろう。Nishita が細かく設定できて便利なのだが現在は Cycles のみだ。

World のノードで空を作る (Eevee, Cycles両対応)

Eevee でアドオンを使わず細かい空を作りたい場合、自由な色の空を作りたい場合、私は以下の設定を使用している。

※解説アニメの色が飛び飛びになっているのはgif圧縮のため

太陽 (Eevee, Cycles両対応)

前述したノードだけでは太陽がない。また、 Sky Texture を使う場合でもライティングに寄与せずに「見た目だけ」太陽の大きさを変えたい時もある。

動作

コンストレイント構造

カメラ > Sunライト(カメラの位置のChild Of) > Sphere(太陽にChild Of)

Sphere に Emission マテリアルを追加する。

Sphere の大きさを変えたり距離を変えることで、見た目の太陽の大きさを調整できる。

Sphere に Sunライトの光を遮られたくなかったり、 Sphere の Emission が他のオブジェクトを照らしたくない場合

オブジェクトプロパティの Ray Visibility を Camera 以外チェックを外す (Cycles)

マテリアルプロパティの Shadow Mode を None にする (Eevee)

Sphere 自体の光については、Eevee では Emission マテリアルは他のオブジェクトを照らさないので、そのままで問題ない。

NASA などのサイトから画像をダウンロードして Sphere のマテリアルで貼り付ける。

SVS: CGI Moon Kit

Shade Smooth にしておく。

月の位置の設定方法は太陽のコンストレイントと同じ。

星空

リアルなものを作りたければ HDRI を使う。NASA などが公開している画像を使う。以下の画像は360度対応しているため、アニメーションにも使える。

SVS: An Elsewhere Starfield

参考: 背景用HDR宇宙素材配布 | CGBeginner たてはま

雲 (Eevee, Cycles両対応)

参考動画: How to Make Photorealistic Clouds in Blender - Iridesium - YouTube

適当な直方体などのオブジェクトに以下のマテリアルを設定する。(Material Output の Volume に繋ぐことに注意)

Eevee はレンダープロパティの Volumetrics の Tile Size を下げ、 Samples を増やし、 Volumetric Lighting Shadow にチェックを入れる。 Eevee でも Cycles でも負荷が高い。

空気遠近(霧)

World にVolume Scatter を付ける (Eeveeのみ)

オブジェクトを覆う大きな球体に Volume Scatter を付ける (Eevee, Cycles両対応)

Cycles では非常に重いため、 Volume Scatter の代わりに Emission を付ける方法もある。しかし God Ray はできなくなる。

その他の手法(外部リンク)

白湯さゆぬさんはTwitterを使っています 「流れる雲を天球に描くの、やっと出来ました。ああ難しかった。ちょっとモヤモヤし過ぎたかな。(Blender、動画添付) https://t.co/5Tg3me9ZsG」 / Twitter

広告